スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Hot Wheels] B Engineering Edonis


ホットウィールから、Bエンジニアリング•エドニスです。




旧ブガッティのエンジニアたちがイタリアのモデナに立ち上げた"Bエンジニアリング"。
そんなBエンジニアリングの記念すべき市販モデル第一号車がこのエドニスです。
2001年の1月1日に発表されたそうで、21世紀に因んで21台しか生産されなかったそう。



デザイナーはフェラーリ•F40をデザインしたニコラさんが担当してるそうで、モノコックはブガッティ•EB110のものを流用し、エンジンもEB110の3.5l V12をチューンアップしてるそうです。

因みにこのゴールドの個体は第一号車だそう。







Hot Wheels
2004 First Editions
2001 B Engineering Edonis














ちゃんとブガッティ•EB110譲りのV12エンジンも再現されています。






もともと、このエドニスの存在は海外でたまたま購入した車の雑誌に載っていたので(確かムルシエラゴ、ゾンダC12、エドニスの特集だった)知っていて、ホットウィールにもこのエドニスのキャストがあるのも知っていました。
ただ、古いキャストな上にマニアックな車種であるためになかなか入手する機会がありませんでした。

だから今回、新品未開封品を格安で手に入れることができてよかったです(^o^)

"困り顔"が魅力的で希少なスーパーカーでした。






にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

[Hot Wheels] Dodge Viper GTS


久しぶりの更新。


ホットウィールの100% Preferred "Mopar Performance Parts Series"から、ダッジ•バイパー GTSです。





オープンモデルであるRT/10が発売された3年後に発売されたクーペスタイルのバイパーがこのGTSです。








Hot Wheels
100% Preferred
"Mopar Performance Parts Series"(2003)
Dodge Viper GTS
ホイール: RR5SP













リアウィンドの中にはスペアタイヤが再現されています。


このキャストの特長は何と言ってもこのボンネットフードの開閉ギミックです。




中には約460馬力を誇る8.0 V10 OHVエンジンが搭載されています。





同じホットウィールのバイパーRT/10と。







このバイパーGTSは、個人的に思いれの強い車なので、手に入れる事ができてよかったです。




にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村





[Hot Wheels] Koenigsegg Agera R


前回に引き続き、ホットウィールのレトロエンターテイメント "ニード•フォー•スピード"から、ケーニグセグ•アゲーラRです。




CCXの後継車であるアゲーラの高性能バージョンがこのアゲーラRで、なんと1140馬力を誇ります。
価格は日本円で約1億3000万以上だとか。

映画では3台のアゲーラが出てくるようで、今回は赤いアゲーラRがモデル化されています。











Hot Wheels
Retroentertainment
"NEED FOR SPEED"
Koenigsegg Agera R













天井にはクリアパーツが使われています。


シャシー裏にはAgera RではなくCCXと書かれています。ということはCCXにも流用予定?






このアゲーラRも今回が初登場の新キャストです。
前回紹介したマスタングが立派な大きさだったため、ちょっと小さめかなぁと感じますが、非常に満足できるデフォルメがなされています。

これまたお気に入りの1台になりました。




にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村




[Hot Wheels] 2014 Custom Mustang


ホットウィールのレトロエンターテイメントから、"NEED FOR SPEED" 2014 Custom Mustangです。



映画「ニード•フォー•スピード」に登場するフォード•マスタングです。



フォードが映画のために製作したワンオフのカスタム マスタングです。

実車はオークションでオハイオ州に住む男性によって3000万ドルで落札されました。












Hot Wheels
Retro Entertainment
2014 Custom Mustang

















ホットウィールのシェルビーGT500と。






同じくホットウィールの1967年型マスタングと。







このレトロエンターテイメントで初登場の新キャストですが、実車のグラマラスのボディラインを良く再現していると思います。
お気に入りの1台になりました。




にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村




プロフィール

BritneyFan

Author:BritneyFan
こんにちは。ブリちゃんも好きです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。